介護施設の種類と特徴

介護施設と一言で言ってもたくさんの種類があります。
簡単に挙げるだけでも日帰りで利用できるデイケアやデイサービス、短期間の泊まりに利用できるショートステイ対応の施設、グループホームに特別養護老人ホーム、介護付き有料老人ホーム等が挙げられます。



入所施設として特別養護老人ホームは費用負担が比較的軽い施設と言えます。
その分人気も高く入所を希望しても順番待ちになりすぐに入所できない事が多いです。


介護付き有料老人ホームは入所時に高額な一時金が必要な施設や全く必要のない施設等施設により費用や特徴に大きな違いがあります。
グループホームは認知症の方が対象となる施設です。

老人保健施設や老人ホーム等で短期間の泊まりとなるショートステイを行っている施設もあります。
そしてデイサービスは日帰りで通いレクリエーションや入浴等を行う施設です。
デイケアはリハビリを行っている日帰り施設です。
介護施設に入所せずに在宅で介護を行っている方は孤独な介護と呼ばれるような負担を一人で抱え込む介護になりがちです。日帰りのデイサービスで入浴をしてもらうことで家での介護負担を減らしたりその時間をリフレッシュに使用する事もできます。

目的別の介護付き有料老人ホームの安心情報、今すぐ確認してみましょう。

介護負担の軽減やリフレッシュの為に旅行の間にショートステイでお泊まり、介護を利用したりする事も勧められています。

livedoorニュースは無限の可能性に満ちあふれています。

介護施設への入所も1つの判断ですが、在宅で介護を行う場合は負担を負いすぎずに介護サービスをうまく利用して無理のないように続けていく事が大切です。