介護施設で生活すること

介護施設といえば、あまり良い印象を持たない人もいます。自宅で介護ができないことなどを理由に、介護施設に入所させられることも少なくないからです。
しかし、自宅にいるからといって介護施設にいるより幸せかというと、それは違うでしょう。
周囲の人との関わりが減ることや、活動が減ること、楽しみが何もないなど、自宅にいてもその方のQOLが満たされないこともあります。
独居ではなく同居している家族がいても、生活リズムや個人の生活スタイルが違い、孤立することも少なくありません。

安心、信頼の毎日新聞の情報収集ができます。

介護施設では、一人ではなく多くの方と共同生活です。周囲の人との関わりを含め、季節ごとのイベントや、行事があります。

あなたの期待に応える高級老人ホーム関する情報選びといえばこちらのサイトです。

また、そこに勤務している介護士や看護士、ほかの入所されている方と、少なくても毎日誰かと会話する機会が得られます。


普段なにも刺激のない日常を過ごすよりは、こうした介護施設のさまざまな活動によって刺激的な時間が得られ、また、イベントや行事は一人ではなく周囲の人と楽しさや喜びを共用できることはQOLの向上に繋がります。
しかし、その反面近年では、それら施設で勤務する人の入所者への虐待や暴力等のニュースが増えました。

こういったニュースの影響によって、施設の明るい印象が薄れてきています。
しかし、現在もまだ様々な施設では、入所者の方が過ごしやすいように、楽しく元気にいられるようにと試行錯誤しているところも少なくありません。



施設に入所する際は、必ず入所する前にどういった施設なのか、どんなことをしているのかや、施設の特徴や金銭面、生活に関する詳細以外にも、入所している人の表情、スタッフの表情や施設の明るさなども比較した上で、どこの施設にするのかを決断することが必要です。