通所系介護施設の利用が考えられるタイミングとは

category01

通所系介護施設の代表として挙げられるのがデイサービスです。

ここは午前中だけ、あるいは朝から夕方まで過ごす性質を持った施設です。


自宅、あるいは入居している施設から通うと言う点において、そこで入居して生活を送ると言う入居系施設とは異なる性質を持っています。通所系介護施設の利用が考えられタイミングとしては、以下のようなタイミングが考えられます。

まずは介護を必要とするほどではないけれど、体の機能などの衰えを感じたと言う時です。


通所系介護施設の特徴としては、要介護度が高い人は勿論のこと、要介護度がそれほど高くなく、しっかりと自立している人でも受け入れ可能なことが多く、そしてその人たちには残存機能を維持するためのリハビリなどが提供されると言う点です。

毎日新聞に関する良い情報をご紹介するサイトです。

また社会参加や他の人との交流の場と言う意味合いもあるので、要介護度は軽い、あるいは要支援状態だけれど、何となく体の状態などに不安を覚えてきたと言う時には、通所系介護施設利用を考えるタイミングだと言えます。

それから一人暮らしで、日々の生活の中で誰とも口をきく機会がないと言う時もタイミングのひとつだと言えます。

先にも述べたとおり、通所系施設はコミュニケーションの場としての役割もあります。



そのため施設に通うことで、自然と人と交流することができます。

勿論、人と特別、交流したいとは思わないと言う人もいるかもしれません。ですが人と交流することは脳を活性化させ、認知症予防にも効果が期待できるとされているので、通所系介護施設を利用してこのような機会を得るのはとても良いことです。



ためになる福祉

category02

介護施設は利用したいからと言って、あるいはその必要性に駆られたからと言ってすぐに利用できるものではありません。介護保険による要介護、要支援認定を受ける必要がありますし、またその認定を得られた場合でも、介護施設に空きがなければ即、利用開始、と言うわけにはいきません。...

subpage

福祉の常識

category02

介護施設といえば、あまり良い印象を持たない人もいます。自宅で介護ができないことなどを理由に、介護施設に入所させられることも少なくないからです。...

subpage

納得の情報

category03

介護施設は近年増え続けていますが、その背景には高齢者の増加が深く関係しています。様々な介護施設があり、介護度や生活スタイルなどによって施設は異なります。...

subpage

学びたい知識

category04

介護施設と一言で言ってもたくさんの種類があります。簡単に挙げるだけでも日帰りで利用できるデイケアやデイサービス、短期間の泊まりに利用できるショートステイ対応の施設、グループホームに特別養護老人ホーム、介護付き有料老人ホーム等が挙げられます。...

subpage